FC2ブログ

スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚の記憶力

2008 09 30
「この前来た時と味が違ってるね。コックさん替わったの?」
「いつ頃おみえになったんですか?」
「3年か4年まえかな・・・・」
「・・・・絶句・・・・」

まず、天天酒家ではこの4・5年メインのコックは替わっていません。
なによりも、3年前に一度召し上がったそのお料理の、味つけをハッキリ覚えていると言う自信に
驚きのあまり絶句します。

良い方に解釈すれば、その時衝撃的においしかったので、よく覚えている。
そして、3年間その味を口のなかに反芻しつつ、何かの事情で天天酒家に来るにこられず、
やっとこさ来て見たら、なんと!
想像していた味と違う!「サギや!金かえせ!」
と、なってしまうのです。

人間の味覚はそんなに長い間、記憶としてとどめているのでしょうか。

所謂「おふくろの味」は毎日毎日繰り返してたべるので、記憶に焼きつくのだと、思います。
一度しか食べたことのない味を何年も覚えておくのは、至難のわざといえるでしょう。

わたしなんか、おととい食べたランチの味さえ忘れちゃいました。
「それはおまえの歳のせいだよ!」(L)
スポンサーサイト

再会。

2008 09 30
再開店して、2ヶ月がたちました。

この間、お客様からかけられた一番多いフレーズは「おかえりなさい」。
ロクアイの住民だけではなく、P&Gや海運会社のかたがたからも「おかえり!」と言っていただきました。
なによりも嬉しいお言葉です。

毎日毎日、「おかえりなさい!」「You'd be so nice to come home」「回来了!」
言語は違えど、みなさんお心がこもっていて、涙が出そうになります。

 お店の面積が以前の半分になり、同じ数のお客様がみえても、以前よりはやっているように見える
錯覚もありますが、それでも、順調なすべりだしをいたしました。

お客様とお店の関係は微妙なものがあります。
 お客様が得をし過ぎると、お店は続きません。
 お店が儲けすぎると、お客様は離れます。

まるで恋愛をしているように、お互いが付かず離れず、適度な距離で、
末永くお付き合いしていただければ、「旨い安い早い」を続けられると、おもいます。(L)

最も危険なゲーム

2008 09 28
ギャビン・ライアルの名作に名を借りると、最近の所謂イケテルお姉さんたちは、
レストランに行くたびにこのゲームをやっています。

初めてのお店にもかかわらず、
大胆にも「こちらのおすすめはなんですか?」

・・・薦められないものをメニューにのせるはずがない。
あるいは、一人前6000円のフカヒレをお薦めして、ご注文いただけるのか?

常連になって、顔も食べ物の好みも、お店のスタッフに覚えられて、
初めて発する言葉が、「今日のおすすめはなんですか?」

その場合には、スタッフは全知全能をかけて、思案します。
「今日のホウレンソウは産地が怪しいからやめとこか。」
「さっきつぶした鶏は走り方がおかしかったから他のお客にだしとこか。」

そう言うプロの考え方も知ってか知らずか、今日もやります危険なゲーム。
「こちらのおすすめはなんですか?」(L)

天天式中華鍋、はじめました。

2008 09 27
少しだけ肌寒くなってきた今日このごろ、
天天酒家の中華鍋がメニューに加わりました!
2~4名さまにピッタリのサイズです。


什錦砂鍋
天天式中華鍋・¥1,600
野菜やお豆腐、海老に肉団子など、ヘルシーでおいしいお鍋に仕上がりました!


麻辛砂鍋

天天式麻辣中華鍋・¥1,600
普通のお鍋では物足りない、辛党のあなたにおすすめの旨辛鍋!
辛さに吹き出す汗をものともせず、完食する猛者が続出。
具材を食べ終わった後のスープをごはんにかけて食べるのも絶品です。

温かいお鍋で身もココロもあたたまってくださいね!(ゆ)

ブログはじめました!

2008 09 26
天天酒家ブログはじめました。

お店の紹介や新メニューのご案内、日々の出来事などを更新予定ですので、
ぜひご覧ください!

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。